You are on page 1of 2

表1

2018/3/15, 4/9, 4/17


岩田英哉 神々のtopology4-3-1
もぐら通信

多神教:汎神論>(神道:自然道)

天 五柱の神:別天神
(ことあまつかみ)独り神 ⑤天之常立神
(あめ)
①天之御中主神 (アメノトコタチノカミ)

高天原1 大地母神崇拝
超越論の世界
垂直方向の差異
④宇摩志阿斯訶備比古遅神 汎神論的存在論の世界
世界は差異である (ウマシアシカビヒコヂノカミ) 価値は等価で遍在する
(認識論) (存在論)

②高御産巣日神

③神皇産霊神
この図形の最小単位は、三角形である。即ち、天御中主神、高皇
産霊の神、神皇産霊神の三柱の神。いづれも独り身の神、即ち男
女の性の別なくneutralな神々である。

『古事記』(竹田恒泰訳) 「葦の芽のように伸びてきたもの」から(P16)

⑧宇比地邇神 男神 ⑥国之常立神 独り神 ⑥国之常立神


(ウヒジニノカミ) (クニノトコタチノカミ) (クニノトコタチノカミ)

高天原2 近親相姦
中臣氏の祓詞

独り神
⑦豊雲野神 ⑨須比智邇神 女神
(トヨクモノカミ) (スヒチニノカミ) 妹

⑩角杙神(つのぐいのかみ)と 男神女神の二柱は一対で一代(ひとよ)と数える(P17)
活杙神(いくぐいのかみ)
⑬伊耶那岐神(いざなぎのかみ)と
伊耶那美神(いざなみのかみ)

高天原3 天の浮橋

⑪意富斗能地神(おおとのじのかみ)と
大斗乃弁神(おおとのべのかみ)
⑫於母陀流神(おもだるのかみ)と
阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)

天之御柱(P20)
「高天原の神々と心を通じ合わせるために」(P20) 天の沼矛(P20)

「美斗能麻具波比(みとのまぐはひ)をあそばされ」(P20)
④筑紫之島(九州)(P22)
①淡道之穂之狭別島(淡路島)(P22)
一つの胴に四つの顔

八尋殿 ⑬伊耶那岐神(いざなぎのかみ)と 島>国:島が上位概念、


(ヤヒロドノ)伊耶那美神(いざなみのかみ) 国が下位概念(P22) 黄泉の国
地1 国生みをする
淤能碁呂島 ⑬伊耶那岐神 黄泉比良坂
(つち) (オノゴロジマ) 大石:道返之大神 黄泉大神(よもつおほかみ)
穢れを祓ふ
(ちがへしのおほかみ) (伊耶那美神)
禊をする
出雲国の伊賦夜坂

②伊予之二名島(四国)(P22) ③隠岐之三子島(隠岐諸島)(P22) (いふやさか)


一つの胴に四つの顔

大八島国(P23)
八尋殿
(ヤヒロドノ)

⑤伊岐島(長崎県の壱岐の島)(P22) ⑧佐度島(佐渡島)(P23)

地1.1
島>国(P22)
(つち)

⑥津島(長崎県の対馬)(P22ー23)
⑦大倭秋津島(機内を中心とする地域)
(P23)

1
表1

2018/3/15, 4/9
岩田英哉 神々のtopology4-3-2
もぐら通信

多神教:汎神論>(神道:自然道)

天 五柱の神:別天神
(ことあまつかみ)独り神 ⑤天之常立神
(あめ)
①天之御中主神 (アメノトコタチノカミ)

大地母神崇拝
高天原 超越論の世界
垂直方向の差異
④宇摩志阿斯訶備比古遅神 汎神論的存在論の世界
世界は差異である (ウマシアシカビヒコヂノカミ) 価値は等価で遍在する
(認識論) (存在論)

②高御産巣日神

③神皇産霊神
この図形の最小単位は、三角形である。即ち、天御中主神、高皇
産霊の神、神皇産霊神の三柱の神。いづれも独り身の神、即ち男
女の性の別なくneutralな神々である。

『古事記』(竹田恒泰訳) 「葦の芽のように伸びてきたもの」から(P16)

⑧宇比地邇神 男神 ⑥国之常立神 独り神


(ウヒジニノカミ) (クニノトコタチノカミ)

高天原 近親相姦
中臣氏の祓詞

独り神
⑦豊雲野神 ⑨須比智邇神 女神
(トヨクモノカミ) (スヒチニノカミ) 妹

⑪意富斗能地神(おおとのじのかみ)と 男神女神の二柱は一対で一代(ひとよ)と数える(P17)
大斗乃弁神(おおとのべのかみ)
⑩角杙神(つのぐいのかみ)と
活杙神(いくぐいのかみ)

高天原 天の浮橋

⑫於母陀流神(おもだるのかみ)と
阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
⑬伊耶那岐神神(いざなみのかみ)と
伊耶那美神(いざなみのかみ)

天之御柱(P20) 天の沼矛(P20)
「高天原の神々と心を通じ合
わせるために」(P20)

八尋殿 淤能碁呂島
(ヤヒロドノ)
(オノゴロジマ) 海
地 (あま)
(つち)


『隠された神々ー古代信仰と陰陽
(あめ) 五行』(吉野裕子著)

等価交換 習合(陰陽五行、神仏)

垂直方向

地 水平方向 海 東
(つち)
(あま)

舶来品は東から来る
平戸

唯一絶対全知全能神 天(支那)

一神教